ハイヒールなのに疲れにくい!?「ウェッジヒール」とその他ヒールを解説!!

憧れのハイヒールを履きたいけど、脚が痛くなったり不安定で少し苦手…

と、思っている方は少なくありません。

一口に「ハイヒール」と言っても、ヒールの形によって安定しやすい・しにくいものがあります!

まずはヒールの種類をご紹介しましょう♪

 

 

ヒールの種類

ピンヒール

ピンヒールとは1本の細いヒールのものを指します。

細い見た目+ハイヒールということもあって上品さ・スマートさを演出します。

しかし、接地面積が小さいのでバランスが取りにくく、様々な足のトラブルが起きやすいヒールでもあります。

正しい姿勢・歩行を意識するだけでなく、長時間の着用は控えるようにしましょう!

 

コーンヒール

コーンヒールはヒールの付け根が太く、地面に向かって細くなっている逆円錐形をしています。

こちらも接地面積が小さいのでピンヒールと同じ注意が必要です。

 

チャンキーヒール

チャンキーヒールは別名「太ヒール」と言われる通り、厚みのある太いヒールのものを指します。

ピンヒールやコーンヒールと比べて接地面積は広いので、ハイヒールに履きなれていない方でも履きやすいヒールです!

 

ウェッジヒール

つま先とかかとの間に空間がない、船底のようなヒールのことを指します。

もともとビーチ・リゾート靴として流行したともあって、砂浜でも歩けるほどの安定性を誇ります!!

ただ、ヒールというよりはソール(靴底)に分類されるカジュアルよりのデザインなので、フォーマルな場にはあまり向きません。

 

なぜウェッジヒールは疲れにくい?

上にも書きました「つま先とかかとの間に空間がない」という点が大きなポイントです。

空間のあるヒール(ピンヒール、コーンヒール、チャンキーヒールなど)はつま先とかかとの2点で体重や歩行時の衝撃を受けるので、どうしてもつま先部分の負担が大きくなってしまいます。

一方ウェッジヒールは体重や衝撃が全体的に分散されるので、比較的歩行時のストレスが少なくなります。

 

「履きなれていないけど…苦手だけど…ハイヒールが履きたい!!」

という方はぜひウェッジヒールのパンプスをお試しください♪

 

当店おすすめのパンプス

当店人気の「ストレスフリーのウェッジソールパンプス」をご紹介します!!

5.5cmのヒールですがウェッジソールなので、美脚効果を維持しつつ歩きやすさを実現しました♪

さらに、ヒール部分にゴム素材を採用した静音ヒールで耳障りなコツコツ音をセーブできます。

伸びやすいストレッチ素材で足への負担を軽減します。

ストレスフリーのウェッジソールパンプス

shop kilakila のスタッフ紹介INTRODUCE STAFF